任意整理でのQ&A

Q.家族に内緒で任意整理できますか?
A.~周りに内緒で借金の整理ができます~

債権者との交渉は全て弁護士・司法書士がおこないますし、裁判所を通しませんので、通知や書類が届くことがなく、家族や職場に内緒で手続きを進めることができます。 よくある質問Q&A

Q.自動車ローンを任意整理することはできますか?
A.~自動車は持っていかれる~

自動車ローンで購入した場合、通常はローンの支払が終わるまでの間はローン会社に所有権があります(所有権留保)。よって、任意整理をするとローン会社から車を返還するように請求されますので、車がなくても良ければ任意整理出来ます。
※車が必要なら任意整理の対象としないできちんと支払って行くことです。 よくある質問Q&A

Q.任意整理のデメリットはなんですか?
A.~信用情報機関に事故情報(ブラック情報)として登録されます~

任意整理をすると信用情報機関に事故情報(ブラック)として登録されますので、5~7年程度はローンやクレジットが組みづらくなり、組めなくなるときもあります。ただし、これは自己破産、個人再生の手続きをとった場合も同様ですので任意整理特有のデメリットではありません。 よくある質問Q&A

Q.任意整理は、自分でできますか?
A.~必ず弁護士や司法書士に依頼をする必要があります~

債務者本人では、なかなか交渉に応じてくれませんし、もし、応じたとしてもなかなか結果は得られません。ですから、任意整理は必ず専門家の弁護士・司法書士に依頼する方法が一番です。 よくある質問Q&A

Q.一部の借金だけでも任意整理できますか?
A.~それは可能です~

住宅ローンや低金利の銀行ローンを除き、消費者金融やクレジット会社など高金利の借金だけを選び任意整理することが出来ます。また、金利だけでなく期間や金額によってはあまりメリットがないこともあり費用のこともあるので弁護士と相談し相手を決めると良いでしょう。 よくある質問Q&A

Q.ギャンブルに使った借金だけでも大丈夫ですか?
A.~それも可能です~

自己破産と違い借入理由が何であっても構わず手続きは可能です。借入理由ではなく借入状況が問題で最近したばかりの借金や返済をしていない借金などは交渉が難しくなる場合があります。 よくある質問Q&A

ページの先頭へ戻る

民事再生でのQ&A

Q.民事再生(個人再生)とはどのような方法ですか?
A.~民事再生(個人再生)は、住宅ローンとその他無担保債権を分け、住宅ローン以外の借金(一般再生債権)が大幅に減額された原則3年で返済して行く方法です~

【例として】債務者が500万円の借金を抱えていたとします。そのうちの100万円を3年間で返済するという再生計画を立て、この再生計画案が裁判所によって認可され、この多重債務者が計画案どおりに3年間で100万円を返済すれば残りの400万円の借金は免除されるということです。 民事再生のQ&A

Q.家族に内緒で、民事再生(個人再生)はできますか?
民事再生のQ&AA.~裁判所からの連絡が行くことはありませんので可能と言えるでしょう。しかし、裁判所に提出する書類には家族協力が必要と思われるものがあるので相談できれば相談した方がよいでしょう~

Q.ローン中の車はどうなりますか?
A.~ローン中の車は引き揚げられる~

個人・民事再生手続きでは、すべての借金を対象に処理しますので、ローン中の車があればそのローン会社を含めて処理する必要があります。ローンの支払が終わっていない車の所有権はローン会社にあります(これを、所有権留保といいます)ので、個人・民事再生の申立てをするとローン会社は車を引き揚げて処分してしまうのが原則です。全体の借金と車のローン残高、必要度をよく、かんみし車を処分してもよいのが決めなくてはいけません。どうしても車を手元に残したい場合は、任意整理を利用した方がいいでしょう。 民事再生のQ&A

Q.ブラックリストに載ってしまいますか?
A.~信用情報機関に事故情報(ブラック情報)として登録されます~

各機関にによって違いはあるものの登録期間は5~7年です。その期間は銀行や消費者金融からの借金や、クレッジトカードの作成等ができません。 民事再生のQ&A

Q.住宅ローンはどうなりますか?
A.~遅れもなくキチンと支払っていれば、そのまま支払って行きます~

住宅ローンの減額はありませんが、住宅ローン特則を使うことで一括請求を待ってもらったり返済期間を延ばして毎月の支払金額を減らしてもらったりすることができます。 民事再生のQ&A

Q.住宅ローン特則とは何ですか?
A.~原則は延滞額を5年で弁済させ5年後に元の状態に戻すことです。返済期間を最長70歳まで10年間延長等も可能です~

民事再生のQ&A

Q.ギャンブルに使った借金でも大丈夫ですか?
A.~大丈夫です~

自己破産と違い借入理由が何であっても構わず手続きは可能です。 民事再生のQ&A

ページの先頭へ戻る

自己破産でのQ&A

Q.自己破産とはどのような制度ですか?
A.~債務者自らが申立てる破産を『自己破産』と言います~

裁判所が本人を「支払不能」と認めた時に、財産(生活必需品以外)を全て処分し返済に充てて、残った借金を免責(ゼロ)してもらえる制度です。自己破産債務整理の最後の手段とも言え、プラス・マイナスゼロになって、新たな生活のスタートになります。 自己破産でのQ&A

Q.家族に内緒で、自己破産はできますか?
A.~可能と言えるでしょう~

弁護士等代理人に依頼することで関係書類はすべて代理人に送られるので可能と言えるでしょう。しかし、新たな借金が出来ない・家族カードが使えない・ローンで買い物が出来ない等の問題は出て来ます。 自己破産でのQ&A

Q.職場に内緒で、自己破産はできますか?
A.~通常、職場に知られることはありません。ただし、会社から借入がある場合は会社も債権者の一人になるので通知がいくことになります~

自己破産でのQ&A

Q.自己破産したことを周囲のみんなに知られてしまうの?
A.~周りに知られることはほとんどない~

自己破産をすると、回り近所にその事実が知られるのではないかと心配する方が多いですが、そのような心配はまずないと言っていいでしょう。破産手続き開始決定を受けたからといって戸籍や住民票に記載されることはないので、子供の就職や結婚などに影響が出ることはありません。しかし、破産者の本籍地の市区町村の『破産者名簿』には記載されますが、これは第三者が勝手に見ることはできませんし免責決定を受けると破産者名簿からも抹消されます。また、破産手続開始決定は官報に記載されますが、一般人は官報などを見ることはまずないですし裁判所から勤務先の会社に連絡が行くようなこともあり褪せんので、会社をクビになるようなことはありません。万が一、会社に知られたとしても、破産したことをもってクビにすることは許されません。 自己破産でのQ&A

Q.自己破産をすると、ブラックリストに載ってしまいますか?
A.~信用情報機関に事故情報(ブラック情報)として登録されます~

各機関によって違いはあるものの登録期間は5~7年です。その間は銀行や消費者金融からの借金や、クレジットカードの作成等ができません。 自己破産でのQ&A

Q.自己破産をすると、自宅(マイホーム)はどうなりますか?
A.~基本的にはなくなります~

自己破産は、生活に必要最低限の財産以外は強制的に換価され返済に充てるので、当然マイホームは換価の対象になります。具体的には、破産管財人によって任意整理されるか競売にかけられます。
どうしてもマイホームを手放したくない場合、他の方法で法的整理することになります。自己破産でのQ&A

Q.自己破産をすると家財道具も差押え、又は、任意にて売却しなくてはいけないの?
A.自己破産は、生清算手続きですから、資産は強制的に処分されます。しかし、通常の必要最低限の生活を営むにあたり家財道具は処分しなくても大丈夫です。

自己破産でのQ&A

Q.自己破産をすると、住民票や戸籍謄本に記載されますか?
A.~記載されません~

そういう制度はありませんので大丈夫です。
自己破産でのQ&A

Q.自己破産をすると、選挙権・被選挙権はなくなりますか?
A.~なくなりません~

自己破産は、生清算手続きですから、資産は強制的に処分されます。しかし、通常の必要最低限の生活を営むにあたり家財道具は処分しなくても大丈夫です。 自己破産でのQ&A

Q.自己破産をすると、運転免許証は取得できませんか?
A.~全然問題ありません~
自己破産でのQ&A

電話申込とフォーム申込です。

ページの先頭へ戻る

特定調停でのQ&A

Q.過大な遊興費やギャンブルの借金が大部分ですが特定調停は出来ますか?
A.自己破産と違い借入内容は問いません。 特定調停でのQ&A

Q.ローン中の車はどうなりますか?
A.調停しないで通常で支払っていけば大丈夫です。 特定調停でのQ&A

Q.特定調停するとブラックリストに載ってしまいますか?
A.信用情報機関に事故情報として登録されます。各金融機関によって違いますが、5年から7年は登録されます。その期間は銀行や消費者金融からの借金やクレジットカードは使えません。 特定調停でのQ&A

Q.特別調停は必ず成立しますか?
A.債権者が調停に応じず、裁判所に来なければ、調停は成立しません。 また調停に応じない債権者には成立した他の特定調停の効力は及びません。 特定調停でのQ&A

ページの先頭へ戻る

過払い金でのQ&A

Q.過払い金は請求すればどのくらい戻ってきますか?
A.取引業者との取引内容(金額・利率・取引期間まど)により戻ってくる金額は違ってきます。一つの契約を時間をかけて返済した場合や完済を何回か繰り返している場合又は増額、増額で大きな金額になった場合も違ってきます。一度相談下さい。 特定調停でのQ&A

Q.何年前に完済しているものなら利用出来ますか?
A.取引終了から10年以内なら請求出来ます。それ以上前ですと消滅時効により回収不能です。 特定調停でのQ&A

Q.過払い請求するとブラックリストに載ってしまいますか?
A.すでに完済している業者ですと信用情報機関に登録されませんが、取引中ですと信用情報機関に契約見直しの情報又は事故情報が5年から7年登録されます。事故情報になりますと、その間はキャッシングやローンが組みずらくなります。 特定調停でのQ&A

Q.取り戻すまで、どのくらいの時間がかかりますか?
A.相手先の業者の対応と和解か訴訟にするのかによっても変わりますが、本当に早くて3カ月から半年くらいかかります。また訴訟になったり確認などで手間がかかりますと解決し入金まで1年くらいかかるケースがあるみたいです。 特定調停でのQ&A

Q.過払い金は請求すれば必ず戻ってきますか?
A.債権者が倒産などですでになくなっている場合は戻りません。

【注意】他に困るのは現在その会社自体が民事再生中ですとか、当時の取引業者は破たんや廃業、業種の撤退などで、他の業者に債権譲渡された場合は難しくなります。 特定調停でのQ&A

電話申込とフォーム申込です。

メール問合せはこちらから

ページの先頭へ戻る